7/21(土曜日)

毎年恒例なんだけど、この時期になると暑い中三国峠を越えて越後湯沢に行く。

今回は忙しい人は高崎まで電車輪行ショートカットして参加していいよ!っていうルールもあったので、翌日店を開ける私は朝の快速アーバンで高崎にワープ!これで快適だぜ!ウヒヒって思ったら…熱い!暑いじゃなくて熱い!電車の中が25度以下なのに走行開始からおそらく体感で45度くらい

こりゃサウナっすよ(w

 

道の駅こもちまで30キロくらいだったのに、死にそうになりながら前走集団に合流、これね、自転車を乗りに来たのか、屋外サウナを堪能しに来たのか正直わからん!ってくらいの百鬼夜行。やっぱ熱暑装備は必要ですよ、ええ水属性+3くらいのジャージとかないのかしらね。

 

で、合流後沼田>みなかみってずんずん上州から越州に北進をするんだけど、これがまた面白いように涼しくならない。もう私なんてローストビーフっすよ(笑

 

さすがに三国峠を越えて新潟県に入ったら多少涼しくなってペースも上がってきたんだけども、もうそこからは35キロくらいしかないうえに、完全下り基調なので60キロとかでバンバン下っていく。

 

で、ですね

先日乗ったnewVENGEのスルーシャフト+ディスクブレーキのありがたみに気が付いてしまったというオチが…

やー、今回は旧ROUBAIXの23cタイヤというオールドスクールコンビで行ったので、下りがめちゃくちゃ怖いんですよ。今年のツールも、ノーマルブレーキクイックリリースのマシンはちょっと下り辛そうにしてるからやっぱり偉大なんだなあって思いつつ湯沢まで下りきって約100キロ。

 

ライド後は風呂に入って、うどんすきを食って新幹線で東京に帰着でした

 

皆さんお疲れ様でした!!

 

4/15土曜日

 

ちょっと、乗りに行きたくなる天気だった(本当に幸運な15時間だけ雨の降らない週末)ので朝4時に岩淵水門に集まった人だけ(集まれた人だけ?)で適当にR254経由、釜飯を食って碓氷峠超えて軽井沢に行きましょうっていう話をBIKE&TECHのFBページで話したら、来るわ来るわ総勢10人の大キャラバンになってしまいました(笑

1時間走って15分休憩を繰り返してたどり着いたのが碓氷峠のスタート地点。

人生の紆余曲折も多いけど、この峠の曲折も多いのです

 

峠は人生のようなものなんですねえ(笑

 

ここからカーブを170個ほど超えると長野県なのですが

途中で眼鏡橋があるので、インスタ好きなおじさんたちはめいめい写真を撮りながらああだこうだ(笑

 

インスタおじさんの鏡ですねえ、こういうのをサイトシーイングヒルクライムというようです

私は長野県民なのでこの眼鏡橋を使わないと(特急あさまに乗らないと)実家に帰れないというわけでこの橋を見ると感慨深いものもあるわけでして、ええ。

 

 

今度はMTBで来たいなあ。

 

 

小一時間登ると、もう長野県です

4月なのにクソ寒いです(笑

 

標高も1000m近くあるから、吹きすさぶ風に体感温度もググッと下がります。

それでもインスタおじさんたちは記念撮影に余念がないです、タフですねえ

 

その様子を私も写真に収めたくなったので、とっているわけですが…

この後はほんの少し走って軽井沢駅で輪行してビールを飲みながら帰宅する旅170㎞でした

皆さんお疲れ様でした。